~ 刻 ~  (旧 私の小さな写真館+(ぷらす))

 「とき」と言うより、「刻む」というイメージで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夜明けの富士撮影

富士山 番外



5月中旬のある日、前日に急に思い立って 「夜明けの富士山を撮りたい」 と思いました。
何故急に思い立ったか?
以前からふつふつと溜まっていた気持ちがはじけたという感じでしょうか?
「何年後か・・・いつか時間が取れるようになったら・・・」
そんな風に思っていたのが、
「じゃあそのいつか、っていつ? そのときが来るまで待ってもこなかったら?」
と思ったらいてもたってもいられなくなりました。

急いで所用を片付け、準備を整えました。
夜中の2時に車で出発することにしました。 が、私の車にはカーナビがありません。
おまけに土地勘も方向感覚もありません (;^_^A アセアセ・・・
それでも行きたかったのです。

予定していた道路はちゃんとした道路だと思ったのに真っ暗な細い山道です。
慎重に運転しましたがこれで合っているのかどうかがわかりません。
停めて確認しようにも停める場所がない・・・
途中からちゃんとした道路に出て安心したのもつかの間、
次の道路は夜中は閉鎖されていました。
目的の大観山展望台に着いたのは5時前でした (^^;

さて、富士山は・・・・?
見えません。 私は反対方向を探していました(笑)
正方向の展望台に行き、探しましたがこれも見えず・・・・
霧ともやでうっすら見える山々の峰をたどっていくと、大きなUFOのような台形の
白いものが空に浮かんでいるのが視界に入りました。

「何!!? これ!? 怖い!!」

・・・・と思ったらそれが富士山でした(笑)



写真はそれから20分後の富士山です。
これでもかなり見えやすくなりましたが、画的にはちょっと・・・・ですよね (^^;
しかもCMOSセンサーに汚れがついているのに気がつかず、富士山の上の空に油汚れがあります (^^;
よって番外の証拠写真です(笑)

富士山はこのあと6時半には見えなくなってしまいました。
ですので早めに行って冠雪部が見えただけでもラッキーだったのです。






  1. 2008/09/02(火) 10:26:16|
  2. 気軽にパシャ
  3. | コメント:0
<<夜明けの富士撮影 2 | ホーム | 歩く>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

This blog is・・・

shan

Author:shan
画像の著作権はshanにあります。
転載、改変、無断ダウンロードなどはご遠慮くださいませ。

New entries

Coments

Categories

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ユーザータグ

k-7 k-x k-5 K-3 DP2 K-1 D90 NewFM2 K-5Ⅱs F31fd Q10 K-5ⅡS LOMO 

Profile

2008年から写真を始めました。   興味をもったことはやってみる、写してみるタイプ。 女性ですが、興味の方向が男性っぽいらしい。 「ガラスのような心だ」と自分では思ってます(笑) 大阪、神戸を経て横浜市民。 拙い写真ですがコメントいただければ嬉しいです。

検索フォーム

現在の使用機材

*カメラ
[PENTAX]
K-1
Q10
*ist
*レンズ
[TAMRON]
SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1
SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001)
[PENTAX]
D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
D FA28mm-105mm F3.5-5.6 ED DC WR
[Carl Zeiss(コシナ)]
Makro-Planar T* 2/50 ZK

Counter

Blog People

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。