~ 刻 ~  (旧 私の小さな写真館+(ぷらす))

 「とき」と言うより、「刻む」というイメージで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

だってほしいんだもの

こんばんは

桜の撮影をレンズの性格テストで終わってしまったshanです (^_^;)
ちょうど満開の時にお散歩に出れたのですが、なんだかしっくりくるものが撮れなくて・・・

わかったことは、
枝物は開けて撮るならマクロ的なほうがいいかな・・・
通常は若干絞って花をだしたほうが前ボケがうるさくないからいいかもね・・・
DA15旧タイプは後ろボケが煩い傾向があるってことでした (^_^;)
なので、今年は桜なしで(笑)

話を変えて・・・
今回は、だってほしいんだもの ってタイトルです。
私はバリアングルのカメラ、しかもペンタックスのK-1桁以上のものをずっと待ち望んでいます。
ハイアマチュア機にはいらない、堅牢性が落ちる とか、アイポイント云々・・・ という話も聞きますが、
私はほしいです。

ペンタックスにもバリアングルのあるカメラは出ましたが、機能的にK-1桁には及びません。
そして、そういう人こそ、こういうシチュエーションが多いと思うのです・・・



[滑る ~なめる~]

K_3_4128fs.jpg
[削る ~けずる~]

滝壺に向かって落ちていく水です。 
もうひとつ。
K_3_4205fs.jpg
滝壺の反対側、落ちてくる方です。
この画像の左横の岩にカメラを直置きし(ボディ半分は岩からはみ出しているので、ストラップをぎゅっと持って落ちないようにしています)
寝転べる場所もないのでノーファインダーで約2秒ほど耐えています。 ピントを合わせようにもカメラの上しか見えないので勘です (-_-;)

はっきりいって、ここに落ちたらかなり怖いことになります 滝壺は数メートルくらいの深さがありそうでしたし。
じゃあやらなきゃいいのに・・・・ アホですね ^_^; 

こんな撮り方を多用する私は、K-1桁系以上の頑丈さと機能性が必要です。
だから・・・・ ほしい。 風景撮影を重要視するカメラメーカーだからこそほしいのです。

ここの渓谷は凄く良かったです。
続きをもう少し・・・♪

スポンサーサイト
  1. 2015/05/01(金) 04:54:52|
  2. 撮影
  3. | コメント:4

This blog is・・・

shan

Author:shan
画像の著作権はshanにあります。
転載、改変、無断ダウンロードなどはご遠慮くださいませ。

New entries

Coments

Categories

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ユーザータグ

k-7 k-x k-5 K-3 DP2 K-1 D90 NewFM2 K-5Ⅱs F31fd Q10 K-5ⅡS LOMO 

Profile

2008年から写真を始めました。   興味をもったことはやってみる、写してみるタイプ。 女性ですが、興味の方向が男性っぽいらしい。 「ガラスのような心だ」と自分では思ってます(笑) 大阪、神戸を経て横浜市民。 拙い写真ですがコメントいただければ嬉しいです。

検索フォーム

現在の使用機材

*カメラ
[PENTAX]
K-1
Q10
*ist
*レンズ
[TAMRON]
SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1
SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001)
[PENTAX]
D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
D FA28mm-105mm F3.5-5.6 ED DC WR
[Carl Zeiss(コシナ)]
Makro-Planar T* 2/50 ZK

Counter

Blog People

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。