~ 刻 ~  (旧 私の小さな写真館+(ぷらす))

 「とき」と言うより、「刻む」というイメージで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの入選

こんにちは^^

タイトルに合わせたわけではないのですが、久しぶりの投稿です (^_^;)

今日、デジタルフォトコンテスト「dpC2」部門の結果発表が届いていました♪
コンテストは約1年ぶりくらいの投稿でしたが、何とか入選していました^^
選者の先生や関係者の皆さま、ご覧いただいている皆さまに感謝いたします <(_ _)>

入選したのはこれです(*^_^*)

IMGP7668f.jpg
[macaron]
こちらは文字入れをしていますが、文字を入れてないのを送りました^^


このマカロンの写真は、本来の色とはずいぶん違います。
こういう柔らかい写真も大好きだし
逆にダークな(笑)ものも好き・・・♪
気まぐれなんでしょうね(笑)


ゆる写真をもう一枚♪

peace
[peace]  New FM2 Ai Nikkor 20mm F2.8S

こちらはフィルムカメラでの撮影です。
New FM2は絞り優先も使えないので、一枚一枚がとてもゆったりした撮影になります。
今のカメラに慣れていると、 ああ・・・・! 今の、シャッターチャンスやったのに! と
思うこともありますが、逆に気持ちをリセットしたいときは、こんなお天気のもとで
撮影する一連の動作も、カシャンというシャッターの音もとてもくつろげます^^
平和だな~・・・ と思うひとときです♪


追記:
私が応募したコンテストの開催雑誌の「デジタルフォト」ですが
5月号で休刊するそうです (T_T) 貴重な情報源がひとつ減るのは悲しいことですね・・・






スポンサーサイト
  1. 2010/02/16(火) 15:12:18|
  2. コンテスト
  3. | コメント:13

初めてのM42

こんばんは^^

みなさんは「M42マウント」ってお聞きになったことはあるでしょうか?^^
私も詳しくは知らないのですが・・・ ^_^;

レンズ交換式カメラはどこのメーカーも同じ径の穴が開いているわけではなく、
メーカーごとにそれぞれ径やフランジバックというものが違います。
その種類によって「マウント」が決まっているのですが、
マウントアダプターというものを使えば、他のマウントのレンズを
つけることができる場合があります^^
構造上、キヤノンはつけることができるレンズが多く、
ニコンはとても少ないです。 

ペンタックスももちろんできます^^
代表的なものが「M42」というねじ込み式のレンズです。
M42は世界のメーカーが使っていた時期があったので、
昔のいろんなレンズが今のデジタル一眼でも楽しめます。

私が今ほしいと思っているレンズのひとつに、
ペンタックスのLXで使える広角レンズがあります。
LXは昔のカメラですが、とても頑丈で密封構造、
バルブなどでは電池がなくても使えるため、夜間の長時間露光では便利だと
思って購入しましたが、当然レンズ側で絞りを変えるので
今市場に出ているレンズは絞りがないものや、あっても大きく重いものが多く、
古いレンズを探さなければいけませんでした。

ずっと前から探してはいたのですが、なかなか見つからず・・・

ところが先日、とある店で見つけてしまいました (●^o^●)
外観や中身、動きには問題なく、「これも縁のものよ♪」と購入しました。
初めてのM42です (*^_^*)

マウントアダプターはペンタックスから純正の「マウントアダプターK」
というのがでていますので、それを使いました。

ところが・・・・です。
マウントアダプターを使うのはめちゃくちゃめんどっこいのです!!

1: マウントアダプターをボディに装着。
(するっと入るわけではなくて、ちょっとコツがあります。はめたら所定の位置まで回します)
・・・・・こんな上向きで穴があいた状態で作業してたら埃が入りそうや・・・・ ^_^;

2: レンズをマウントアダプターをつけたところに装着。
(今のレンズのように1/4程度回せばつけられるわけではなくて、ねじ式で回します)
・・・・・♪回して回して回して回~すぅ  どんだけ回さなあかんねん!・・・・・ ^_^;

3: ちょっとガタつきがあります・・・
ねじ式のため、絞りを回すとレンズもほんの少し回ることも・・・・

4: 今のカメラのように開放で測光するのではなく、実絞りで測光します。
(開放でピントを合わせてから、絞って写すか、絞っていくほど暗くなる中でピントを合わせるか)
・・・・・絞れば絞るほどざらざらの暗いファインダー こうなりゃ意地や・・・ でも見えん ^_^;

5: レンズを取り外すとアダプターがボディに残ります。
(今のKマウントレンズに付け替えようとすると、取り外す必要があります
しかもアダプターについている爪を内側に押し込んで回すのは専用工具があったほうがいいくらいです)
・・・・・割りばしを削って作ってみたけど回すたびに細かい木屑が中に落っこちるやん・・・ ^_^;
・・・・・もういいもん。 爪でやるもん・・・・ ^_^;

ばねを取り外す人もいるようですが、私はおっちょこちょいなので、
万一ゆるくなってレンズが外れると困るのでやめました。


私はどちらかといえばゆっくり撮影をするほうですから、必要があれば手間は惜しみませんが、
こればっかりは冬の真夜中にやれるようなもんじゃないと思いました ^_^;
おまけに試写したレンズはなんだか「味」では済まされないような写りでした orz

・・・・私の「初めてのM42」は、ご縁がなかったのでした(笑)



M42→Kマウントアダプターはペンタックス純正以外にも宮本製作所さんなどから出ています^^



さて・・・・
それでやけになったわけではないのですが・・・・ (^_^;)

時を同じくしてタムロンの60mmマクロのKマウントを待ち焦がれていた私に
ちょっとショックな発見があり、他レンズに転向することになりました・・・・。
60mmには90mmマクロと違って絞りリングがなかったのです・・・・!!

新たなレンズは、Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZKです。
手持ちですが写してみたものを少しだけ試写サイトに載せましたので、
ご興味のある方はご覧になってみてください^^
こちらです
最初の一枚を撮って液晶で確認した時の、ぞくぞく・・・っときた感覚は、Fa31 Limited以来のものでした。 
個人的には開放から充分使えるものだと思いました♪


IMGP7732f.jpg
K-x & Carl Zeiss Makro-Planar T* 2/50 ZK
開放2.0 WB AUTO ISO200
鮮やか シャープネス1 JPEGリサイズのみ
中野(笑)のケンタッキーフライドチキンにて








  1. 2010/02/07(日) 00:28:17|
  2. 機材や写真の話
  3. | コメント:9

This blog is・・・

shan

Author:shan
画像の著作権はshanにあります。
転載、改変、無断ダウンロードなどはご遠慮くださいませ。

New entries

Coments

Categories

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ユーザータグ

k-7 k-x k-5 K-3 DP2 K-1 D90 NewFM2 K-5Ⅱs F31fd Q10 K-5ⅡS LOMO 

Profile

2008年から写真を始めました。   興味をもったことはやってみる、写してみるタイプ。 女性ですが、興味の方向が男性っぽいらしい。 「ガラスのような心だ」と自分では思ってます(笑) 大阪、神戸を経て横浜市民。 拙い写真ですがコメントいただければ嬉しいです。

検索フォーム

現在の使用機材

*カメラ
[PENTAX]
K-1
Q10
*ist
*レンズ
[TAMRON]
SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1
SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001)
[PENTAX]
D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
D FA28mm-105mm F3.5-5.6 ED DC WR
[Carl Zeiss(コシナ)]
Makro-Planar T* 2/50 ZK

Counter

Blog People

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。