~ 刻 ~  (旧 私の小さな写真館+(ぷらす))

 「とき」と言うより、「刻む」というイメージで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初めてのフィルム

ちょこけーき

[ちょこけーき] 
カメラ New FM2   レンズ??(メモ取るの忘れました 汗)
フィルム KODAK TR-X400(2006年11月の期限のものなので参考にしないでね 汗)
スキャナー GT-X970 

・・・・あんまりおいしそうに見えません(笑)
もう少し明るいほうがいいですね (^^;)



こんにちは^^
初めてNew FM2で撮ったフィルムの現像ができあがりました^^
デジタル焼きのプリントもノーマル(補正なし)で焼いてもらいました。
出来上がってきた写真は全体的にアンダーでした・・・。
うーん、適正露出でやったのもあるのになぁ・・・・ 今は操作に慣れるのに精一杯で、
中央重点とか18%グレーのことをあんまり考えてないからかもです (^^;)

ばらしたのもあるから・・・ と見てみたのですが、書いたはずのデータの番号が
フィルム番号と一致しない・・・・ ←役立たず(笑)

写真はネガをスキャナーで読み込んだものです。
スキャナーの設定次第で露出なども変わってしまうし(ガンマなどを変えると途端に変わってしまいます)
実はうちのモニタもスキャナのガンマ設定とは全く合っていません (^^;)
(自宅のモニタは1.6くらいです)
なので忠実に近いともいえないのですが、とりあえず自分が見た状態で
デジタル焼きされた写真に近い状態でUPしました^^



古民家

[古民家]
こちらは不思議なことに少し明るめにスキャンされました。
スキャン設定は上の[ちょこけーき]と同じです。

プロフェッショナルモード 白黒ネガフィルム 画質優先 等倍
2400dpi  48bitカラー ICM EPSON標準 SRGB  モニタ補正プレビュー
アンシャープマスク 粒状低減 ほこり除去 それぞれ中
それをPhotoshop Elements7にてサイン入れ、ピクセル縮小しています。

私は全くの独学なので、この設定でいいのかわかりません (^^;)
どなたか教えていただければ嬉しいです <(_ _)>


・・・・ところで。
L版に焼いた写真はフィルムの全部が入らないのですね・・・ (^^;)
35mmフィルムって基準だと思うのに・・・・
全部入るのってあるのかな・・・・???




スポンサーサイト
  1. 2009/03/17(火) 10:00:38|
  2. 機材や写真の話
  3. | コメント:2

新しい友達

こんにちは^^

新しいカメラを手に入れました。

New FM2

( 「私ならキャップを取ります」と言われてしまった・・・ (^^;)
言われて納得。 確かにそのほうがいいですね(笑) )


NIKONのフルメカニカル機「New FM2」です。
ご覧のとおりのフィルムカメラです^^

デジでいいやと思っていた私ですが、やはりどうしてもリバーサルをしてみたい気持ちと
デジとそんなに違うのか実際に体感したい気持ち、
・・・それとやはり、もっと基本をしっかりと身に着けたいという気持ちがあったのと、
星の撮影で長時間露光をすることがあるので、撮影には電池がいらない
(露出指示LEDには使いますが、露出さえわかればLEDは使わないで済みます)
そのあたりの利便性なども魅力でした^^


私はデジタルから入りました。 露出の決定には絞り優先で撮ることが多いです。
その際の露出補正は露出補正ダイヤルの+-かISOの変更をします。
実は、それをしているとき、どのような変更でそうなったのかということをあまり気にしていなかった気がします。
ISOを変えればSSが変わるということはよくわかっているんですが・・・

絞り優先のときに露出補正ダイヤルを+に回せば・・・?
とにかく写して出てきた画像でヒストグラムなどがOKとなればそれでおしまい。
もちろんいい写真が撮れればそれでいいんですが、では快晴の下で
カメラの適正露出で、今のISOで設定しなさいと言われてすぐにできるかと言えばできません。 (^^;)
それだけデータを見ているようで見ていないんですね・・・ (^^;)
カメラ内手ぶれ補正がついていたカメラで写していたときは、すべてのレンズで手振れ補正が効くので、
さらに適当だったように思います。 ぶっちゃけた話、写す時にSSを確認していませんでした。
できなくていいんでしょうけど・・・  少しでも関連性がすぐに浮かべば、それだ早く撮ることができますから、
同じものの撮影に何ショットも時間をかけている私にはいいんじゃないかと思いました。


このカメラはまったくのマニュアル、当然Exifなんて便利なデータの記録もないので、
ISOの決まったフィルムを入れたらそれに沿って、絞り、SSを考えながら写していき、
データは自分がメモにでも記録します。
(ISOを変えて撮ることもできますが、デジのように一枚づつ変更なんてことはそうそうできないと思います)


New FM2 露出指示LED


ファインダーをのぞいたところ。(被写体はカーテン越しのエッフェル塔のオブジェです)
カメラの適正露出かどうかはこのように露出支持LEDが点灯して知らせてくれます。
○ひとつなら適正ですので、この場合、1段以内の露出不足です。
測光方式やこの場合の撮影意図を考えたら、私の場合はもっともっと+補正が必要だと思うので
SSを長くするか、絞りを開けるかになりますね・・・ (^^;)
でも絞りを開放にすると画質が甘くなる とか、
深度はどうなる・・・? とか考えてSSとの組み合わせを探っていきました。


その手間が自分の力になるのかどうかはわかりませんけど(笑)
今は新しいともだちを持った喜びでいっぱいです♪♪


サイズも小さいのにかっこいいのはカメラらしいデザインだからでしょうか^^
手に入れたものに少し小物を加えて、使いやすくしました^^
ストラップを取り付けるための三角環、三角環当てプラスチック、
左目利きで、電源ONの巻上げレバーが右目に当たってしまうので目当てラバー、
(NIKON製品を扱っているところで買えます)
シャッターが少し高さが低く押しにくかったのでソフトレリーズボタンをつけています♪
(マップカメラなどで買えます)


ストラップはお洒落なところを探している最中なんですが、自分でも作ろうと思っています^^
私はあまりにも可愛らしいものは好みではないので、
今流行の麻のレースのような編みこみでなく、革紐の材料を買ってきました~♪
芯糸の編みこみ・・・・・ 気の遠くなるような三つ編みです (^^;) (^^;) (^^;)
早くも挫折の予感・・・・(笑)

  1. 2009/03/10(火) 11:19:28|
  2. 機材や写真の話
  3. | コメント:6

モチモチの木のこと

こんにちは^^

神奈川県、吾妻山公園からは富士と海と季節の花々を望むことができます。
先日、夕方から登ってきました^^

ここの階段はすごいとは聞いていたのである程度は覚悟していたのですが、
予想もしなかった「階段までのプレリュード」(笑) がありました。

駅前は駐車場がないので、臨時駐車場に停めますが、
そこから階段(公園の入り口)までは徒歩10分、そこから更に坂道5分・・・・
そこで300段の階段がお出迎えです (^^;) (^^;)
(別コースはここより平坦ですが時間がかかります)

でも、階段が少し前傾していて、少しは楽に登れます^^
階段を登ればそこからまた少し上り下りの坂があり、児童向けのアスレチックというか、
大型遊具があり、とても楽しそうです^^
長い滑り台もありました♪ 料金はとられますけど・・・ (^^;)

そこを裏手に回ると山頂に着きます。
見下ろせば海。  山並み、富士山・・・・ とても贅沢な景色が広がります^^
この日はあいにくの曇天だったので、富士山はモノトーンの霞でした (^^;)

DSC_6032f.jpg

[夕暮れ菜花]

背景は富士山ではありません。日の落ちる頃の菜の花の色合いがとても素敵でした^^



DSC_6051f.jpg



この山にはとても大きな榎木(えのき)があります。
夕暮れ時にシルエットになる木はとても素敵で、これを入れて星の光跡を撮れたらどんなに素敵だろう・・・ 
と思いました。が、残念ながら夕方で閉園なのです (>_<)
名残惜しく帰りました・・・・。



私はこの木に限らず、巨木の一本木を見かけると思うことがあります。
「モチモチの木」という物語をご存知でしょうか?^^

モチモチの木 (創作絵本 6)モチモチの木 (創作絵本 6)
(1971/11)
斎藤 隆介

商品詳細を見る


私は小学生の頃に国語で習いましたし、今現在も聞いています(聞かされています (^^;) )
この切り絵が怖くて、小さな頃はあまり深い意味を知ろうとしなかった気がします^^
今改めて聞かされている(見てみると) とても深いものがあり、大好きな物語です^^

都会育ちの私は、真っ暗な闇を歩くことがほとんどありませんでした。
写真を撮るようになって、本当の闇がどんなに怖いものか知りました。

それを真冬の夜中の山道を、たった5歳の子どもが駆け下りるのがどんなに怖いことか・・・
大好きなじさまを失いたくない一心で、自分は臆病者だと思っていた豆太が我を忘れて・・・。

その夜に見た「モチモチの木」の美しさ・・・・

豆太の見たモチモチの木は、 霜月二十日のとちの木の後ろにちょうど月が出てきて、
枝の間に星が光り、そこに雪が降って明かりがついたように見えたそうなんです。
今の気候ではもう霜月に雪なんて難しいのかもしれませんね^^

でも・・・・ いつかそんな風景が撮れたらいいなぁ・・・・ と思うのです^^


  1. 2009/03/04(水) 13:13:42|
  2. 撮影
  3. | コメント:2

This blog is・・・

shan

Author:shan
画像の著作権はshanにあります。
転載、改変、無断ダウンロードなどはご遠慮くださいませ。

New entries

Coments

Categories

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ユーザータグ

k-7 k-x k-5 K-3 DP2 K-1 D90 NewFM2 K-5Ⅱs F31fd Q10 K-5ⅡS LOMO 

Profile

2008年から写真を始めました。   興味をもったことはやってみる、写してみるタイプ。 女性ですが、興味の方向が男性っぽいらしい。 「ガラスのような心だ」と自分では思ってます(笑) 大阪、神戸を経て横浜市民。 拙い写真ですがコメントいただければ嬉しいです。

検索フォーム

現在の使用機材

*カメラ
[PENTAX]
K-1
Q10
*ist
*レンズ
[TAMRON]
SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1
SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001)
[PENTAX]
D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
D FA28mm-105mm F3.5-5.6 ED DC WR
[Carl Zeiss(コシナ)]
Makro-Planar T* 2/50 ZK

Counter

Blog People

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。