~ 刻 ~  (旧 私の小さな写真館+(ぷらす))

 「とき」と言うより、「刻む」というイメージで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久しぶりの入選

こんにちは^^

タイトルに合わせたわけではないのですが、久しぶりの投稿です (^_^;)

今日、デジタルフォトコンテスト「dpC2」部門の結果発表が届いていました♪
コンテストは約1年ぶりくらいの投稿でしたが、何とか入選していました^^
選者の先生や関係者の皆さま、ご覧いただいている皆さまに感謝いたします <(_ _)>

入選したのはこれです(*^_^*)

IMGP7668f.jpg
[macaron]
こちらは文字入れをしていますが、文字を入れてないのを送りました^^


このマカロンの写真は、本来の色とはずいぶん違います。
こういう柔らかい写真も大好きだし
逆にダークな(笑)ものも好き・・・♪
気まぐれなんでしょうね(笑)


ゆる写真をもう一枚♪

peace
[peace]  New FM2 Ai Nikkor 20mm F2.8S

こちらはフィルムカメラでの撮影です。
New FM2は絞り優先も使えないので、一枚一枚がとてもゆったりした撮影になります。
今のカメラに慣れていると、 ああ・・・・! 今の、シャッターチャンスやったのに! と
思うこともありますが、逆に気持ちをリセットしたいときは、こんなお天気のもとで
撮影する一連の動作も、カシャンというシャッターの音もとてもくつろげます^^
平和だな~・・・ と思うひとときです♪


追記:
私が応募したコンテストの開催雑誌の「デジタルフォト」ですが
5月号で休刊するそうです (T_T) 貴重な情報源がひとつ減るのは悲しいことですね・・・






スポンサーサイト
  1. 2010/02/16(火) 15:12:18|
  2. コンテスト
  3. | コメント:13

夏休みの山といつもの木

こんにちは^^

学校も後期に入ったというのにまだ夏休みの話です (^▽^;)
前回の続きで、当日の夜は星の撮影をしました。
私にとっては初めてのポジでのバルブです。
色々とフィルムを使い比べている最中なので、今回はまだアスティアが入っていました。
本来ならベルビアなどがいいのかもしれませんが、雲もあることですし、
勉強のつもりで撮ってみたものです。
影になっている山は八ヶ岳です^^

7-000012f.jpg

New FM2 バルブ30分 アスティア



IMGP0047f.jpg

K-7  翌朝の日の出です。 とても気持ちのいい朝でした。


IMGP0068f.jpg

K-7 PSE7にてモノクロ変換
いつもの木です^^ 8月というのに葉っぱも少ないです (T_T)/
この木を撮る時は木に太陽を入れたくなります。 意思のようなものを感じさせたくて・・・^^







  1. 2009/10/22(木) 13:49:59|
  2. 撮影
  3. | コメント:7

yamanashi&nagano その2

こんにちは^^  前回の記事の続きです。

清泉寮の前に今回も去年の夏に訪れた「吐竜の滝」にも行ってみました。
日差しは眩しくND8が必須なのに、周りは枯れ木と苔だらけです・・・ (+_+)
やはり滝は新緑や紅葉や凍る頃が美しいものだと思いました。





連なるリズム

[連なるリズム]  吐竜の滝  NIKON D90

一般受けはしないでしょうけど(笑)  私はこういうスローシャッターでない水の動きも好きです。
苔の周りに細長くついたつららは小さな水滴のリズムが連なっていくもの・・・。


そして今回の第二の目的、こちらも去年の夏に訪れたヤマナシの木です。






yamanashi tree

[ヤマナシの木]      NIKON New FM2  Velvia 100  GT-X970でスキャン USMのみで画像処理はなし

今回初めてリバーサルフィルムの中で有名なVelviaシリーズを使ってみました。
ベルビアは超高彩度のシリーズでISOによって「イメージカラー」「リアルカラー」と種類分けがされています。
詳しくはこちら。 今回はイメージカラーのVelvia100です。

スキャンの仕方がまだいまいちしっくりこないので、ピントも甘く、色合いもフィルムや
焼いた写真そのままとはいかないのですが、夕暮れ時の独特の色合い(記憶に訴える色)を
ご覧になれるかと思います^^


続いて真夜中のヤマナシの木です。





一人ぼっちじゃない

[ひとりぼっちじゃない]  NIKON D90

少し大きな写真になりますが・・・。
小さな写真では光跡がしっかりと途切れてしまいます・・・
これでも途切れていますね(笑) 原版は写っているのですがサイズが大きすぎるのです。
星の写真は本当に難しいです (^_^;)

と、技術的なことは置いておいて、
この木を見るとき、私はいつもこの木の年月を考えます。
何年も同じところに立ち、いつも人々の暮らしや行きかう人や周りの山や畑を見、
夜は一人ぼっちで真っ暗な中にいる木・・・・。
この木を夜に見ると、怖がりの私は少し怖く感じます。
でもこうやって星とともにいるところを見ると、ひとりぼっちじゃないんだと少し嬉しくなるのです^^

☆つづく☆




  1. 2009/04/20(月) 00:29:15|
  2. 撮影
  3. | コメント:4
次のページ

This blog is・・・

shan

Author:shan
画像の著作権はshanにあります。
転載、改変、無断ダウンロードなどはご遠慮くださいませ。

New entries

Coments

Categories

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ユーザータグ

k-7 k-x k-5 K-3 DP2 K-1 D90 NewFM2 K-5Ⅱs F31fd Q10 K-5ⅡS LOMO 

Profile

2008年から写真を始めました。   興味をもったことはやってみる、写してみるタイプ。 女性ですが、興味の方向が男性っぽいらしい。 「ガラスのような心だ」と自分では思ってます(笑) 大阪、神戸を経て横浜市民。 拙い写真ですがコメントいただければ嬉しいです。

検索フォーム

現在の使用機材

*カメラ
[PENTAX]
K-1
Q10
*ist
*レンズ
[TAMRON]
SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1
SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001)
[PENTAX]
D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
D FA28mm-105mm F3.5-5.6 ED DC WR
[Carl Zeiss(コシナ)]
Makro-Planar T* 2/50 ZK

Counter

Blog People

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。