~ 刻 ~  (旧 私の小さな写真館+(ぷらす))

 「とき」と言うより、「刻む」というイメージで・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おせっかい


[秋空] PENTAX K-x 

こんばんは。

明日(というか今日)は仕事で一大イベントのある日なのにこんなことをしております(笑)
眠いのに、あほやな(笑)

・・・・と、いうのも、どーしても書きたいことがあったもので。

K-3の話を期待していらした方にはごめんなさい
また今度 ^_^;


そうそう、そのK-3の試写で一人夕暮で撮影していたときのことです。
かなり年配のおじさま2人組のうちの一人が、私に声をかけてきました。
初心者がオタオタしていると見えたのでしょうか、
「この時間はこうやって低感度で撮ったらいいんだ、
そしたらこんな風に写るから」

と、尋ねてもいないのに、レクチャーして、液晶を見せてこられました。

・・・・・

しょーじき、余計なおせっかいです。

写真を撮る者なら、夕暮時の一刻がとても大切なのは充分おわかりのはず。
なのに、聞いてもいないのに教えてくださる・・・・

これが街を歩いていて、
「駅までの道はこう行くんだ」といきなり教えてくる人はいるのでしょうか????

私も、お役に立ちたい という気持ちは大きいほうですから、
教えたいという気持ちはわかります。 でも・・・・

いらん。 


おわり。 おやすみなさい~



スポンサーサイト
  1. 2013/11/13(水) 01:43:39|
  2. 日々のこと
  3. | コメント:4

焦がれた人 (奥日光 貴婦人)

IMGP0098f_20101012102012.jpg
[そのとき。]

そのとき
彼女が姿を現した
そして
一瞬の微笑と共に去っていった



大きめサイズはこちら  重いのでご注意ください <(_ _)>


こんにちは(*^_^*)
ここのところ気温が急激に変わるので、体調を崩す人が多いですね。
私も先週はちょっと喉の調子がおかしかったりしたので、早めに寝ることが多かったです^^

まだ草紅葉には少し早い9月半ば、
奥日光の小田代ヶ原に撮影に行ってきました。
根性のある人なら草紅葉の時期をばっちり狙っていくのでしょうが、
人ごみが苦手なので早めに(笑)

小田代ヶ原は戦場ヶ原と並んで、奥日光では有名な場所です。
シーズンともなると、ハイブリットバス乗り場の駐車場に停めるのも一苦労らしいのですが
今回は1時(真夜中です)には着いていたのと、まだ時期には早いこともあって、
かなりがらがらでした。

駐車場からは天の川♪ 
めっちゃ綺麗です~~ (*^_^*)
でも駐車場の明かりが空に被ってしまい、 ←しかもそこが天の川のとこ (^_^;)
思うような構図では撮れませんでした。
で、いつもと違って、風景は入れずに空ばかりを写してました。
IMGP3021f.jpg
k-x 30秒 F2.8 ISO3200 プロソフトン(A)使用
こんな風に、ソフトフィルターをつけてみたり、
ノイズを減らすのに、比較明で重ねてみたかったので連写で撮ってみたり、
魚眼で撮ってみたり・・・・
どれも画としてはボツですが、経験を積みたかったので(笑)

そんなこんなしているともうそろそろ始発バスの時間・・・ (^_^;)

この時期の始発バスは4時半でしたが、
この日はバスの半分もいなかった感じです。
もっと根性のある人は歩きか、自転車で現地に着いて星を撮っていらっしゃるんでしょうね♪


ここにはずっと会いたかった人がいます。
「貴婦人」と呼ばれる樹です。
周りの樹とは一線を画すような、凛としたたたずまいの一本の樹・・・
去年、某ポスターで見かけて、「これは何? これを撮りたい!!」と
ずっと思っていたのですが、それがやっと叶います (*^_^*)

着いたときはまだ霧が濃く、かといって焼ける気配もなく (^_^;)
写真には向かないお天気かもしれないと思っていました。
おまけにポツポツと雨まで・・・。
こういうときにK-7は気が楽です。
レンズは防滴じゃなかったから役立たずですけど(笑)
慌ててDA50-135(防滴)に変えるシーンもありました。

幸い雨も止んで一安心(^_^)v

同じような場所から撮っても、時間帯やシャッタースピード、
露出補正などで全然違う色になります。
これがWB太陽光なら、ここまで差は大きくはならないんですが、
CTEというペンタ独自のWBが効いています。
これがいいのか悪いのかはそれぞれでしょうけど(*^_^*)

IMGP2962f.jpg
17mm 0.5sec F8 CTE ISO200 風景 分割測光 露出補正1.3

え・・・ あれかな? という状態。

この25分後
  ↓
IMGP2985f.jpg
17mm 1/40 F8 CTE ISO200 風景 分割測光 露出補正1.7
隣の人のフードが入った分トリミング

もうすぐなんちゃう?? っていう期待の状態(笑)
実際はフードが入ってるなんて見えなかった明るさです。
このあと、空の青を出そうとすると草原が沈み、
草原を出そうとすると空などが飛んでしまうので、
どうするか試行錯誤したり、なぜかスポットフィルターをつけてみたり(笑)


この10分後がトップの写真になります。

トップの写真から更に1分後(構図を変えて)
  ↓
IMGP3040f.jpg
ハレキリをしたにも関わらずゴースト発生 (^_^;) どっひゃー!!
朝らしいかな という雰囲気写真で(笑)

これ以上はもうよほど霧の状態が印象的でないと、
単なる記録的な写真になっちゃいます (^_^;)
皆さん、早々に引き上げて行かれました・・・・ 
写真を撮る人の行動は早いのです(笑)

私たちは「めったに来れないし」 と粘りました(笑)
なんだか、「撮った。 さあ帰ろう」っていうのが好きじゃないんですよね・・・
でもやっぱり難しいですね~・・・。
貴婦人に迫ってみました。

IMGP3075f.jpg
ペンタの新しい機種に搭載されている「銀残し」というパラメータを想像してレタッチ(笑)
ほんとはまだこんな寒々しい風景じゃないですよ~ (*^_^*)


日光編、次回に続きます^^

  1. 2010/10/12(火) 10:52:41|
  2. 撮影
  3. | コメント:8

k-5体感&トークライブ

こんばんは(*^_^*)

まだ日光の写真も、その次の写真も出していないのですが (^_^;)
先日、秋葉で開催されたk-5体感&トークライブに参加してきましたので、
その感想などを書いておきたいと思います^^

そもそも、k-7の時にも行ってなかったし、今回も大体のところはわかっているので
行くつもりはなかったのですが、新宿フォーラムに出かける用があったので、
秋葉まで足を伸ばしました。 
私が行ったのは初日でしたが、ネットで見ていたk-7の時より人は少なめな印象。
どうも世間には機能UP機体と取られているようです (^_^;)

私は個人的には単なる機能UPとは思っていません。
k-7とセンサーを変えてきた時点で、似て非なるものです。
ですので出てくる画には非常に興味がありました。
機体を触って操作性などの向上を確かめたあとは、
じっくり作例を見たいと思って、先生方のお話はパスしました。
ちょうど以前、少しお話させていただいた営業本部長の某さん^^ とお会いしたので、
某さんのご説明を受けながら写真を見て回るという、贅沢な機会に恵まれました^^ 
某さんにはお忙しい時間を割いていただきありがとうございました <(_ _)>

某掲示板には書きませんでしたが・・・ 作例を見た感想など。
ただ私は写真の蘊蓄は全くないに等しいので、感覚だけだとお断りしておきます ^_^;
また、作例は製品版ではなく、まだ試作のかなり低いバージョンでしたので、
私が見たものより良くなるはずです。



ISO3200は対k-x比で同等かそれ以上のように思います。
(これは高感度体感コーナーで試写した感触です)
IMGP3859s.jpg

こんな感じでおもちゃの人形が演奏するジャズライブを撮影できるようになっていました。
でも、カメラは一脚につけてある・・・・
2秒タイマーで撮ってもゆらゆらして仕方なかった (-_-;)
なんで三脚にしてへんのやろ・・・?
高感度で高速シャッター切れるからいいやん? ってことなんでしょーか。
ひそかに「それなりの高感度で」長秒シャッターを切ろうと思ったのに(笑)


また、3200,30秒露出では、後がけでNR処理が必要なレベルになると思います。
(実際に試したわけではなく、3200の画から想像した範囲です)
これはセンサーの大きさからはこれ以上望むのは難しいかもしれませんね^^

ISO6400の暗め写真は、ディティールはあるものの、まだカラーノイズなどが結構残っているレベル。
写真のサイズにもよりますが、1024ピクセルではわかるかもしれません。
私がupするとしたら640ピクセルくらいにとどめるか、upしないところ。
これは今後の製品版では改善されているものと思います。
また明るめ写真はそれなりに使えそうな感じです^^

割とよかったのが、「エクストラシャープネス」。
これは高周波部分(例えば森などの木々がいっぱいあるところとか)に
バリッとシャープネスをかけ、ボケなどの高周波ではない部分にはシャープネスが
あまりかからないようにするものですが、
作例(黄色と黄緑のぼけの背景に糸トンボが止まっているもの)では効果的なように感じました。
トンボの羽自体は非常にパキッとしているのに、ぼけ部分はディティールを構成しているカラーのみ
のような感じを受けました^^
ボケが明るいこと、かなり大きく伸ばしていることから、日常よく使うようなサイズではどうか
わかりにくいところもあるでしょうが、普通のシャープネスより積極的に使えそうな気がします^^

また、k-7(特に初期の頃)は低感度でも暗部に輝度ノイズが出ていることがありましたが、
液晶で見た限りはこれも改善されているように感じました。
k-7は、光をいっぱい与えてやれた(明るい場所というわけではなく)場合だと
とても素晴らしい画を出してくれます。 これを引き継ぎつつ、ざらつきがなくなってくれれば
本来持っている操作性などの良さや持つ愛着の湧く「物体感」や感性次第で
すごく楽しめるモードも手伝って、じわじわと人気が上がってきてくれるものと思います^^


ところで、k-5をすでに予約している私ですが、
これを買うのは、元々、1台で済ませたいという理由もあったので、
k-xは売るつもりでいました。  ところが、
k-r発表のときに話に出ていた「k-xのガチャ」を
やっぱりk-xにつけてみたい・・・・ という欲求がむくむくと・・・(笑)
だってめっちゃかわいいんやでーーーー! (*^^)v
今までストラップでカメラのフィギュアが出たことはあったでしょうが、
実際にカメラのホットシューにつけられる小さいフィギュア・・・
しかもk-xと同じカラー展開♪
無骨なk-5につけると子ども撮影の時にはめちゃウケでいい写真が撮れるかもしれません(笑)
でもやっぱりk-xにつけたいよなぁ・・・・・。
でも恥ずかしいから1回やったらやめるやろうな・・・(笑)


016.jpg


おまけ:

IMGP3833s.jpg  k-rのホワイト、シルバー、ゴールド、メタルブラウンです(*^_^*)
ゴールドはなんとなく「マグマ大使」っぽい・・・ ←古い? (^▽^;)


IMGP3841s.jpg
k-rとk-x(私のです) 同じメタルブラウン♪ (^_^)v
  * k-xについているボディキャップは付属品ではありません。
  * k-xの下についている黒いのはクイックシュープレートです(付属品ではありません)







  1. 2010/10/04(月) 01:38:45|
  2. 機材や写真の話
  3. | コメント:9
次のページ

This blog is・・・

shan

Author:shan
画像の著作権はshanにあります。
転載、改変、無断ダウンロードなどはご遠慮くださいませ。

New entries

Coments

Categories

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

ユーザータグ

k-7 k-x k-5 K-3 DP2 K-1 D90 NewFM2 K-5Ⅱs F31fd Q10 K-5ⅡS LOMO 

Profile

2008年から写真を始めました。   興味をもったことはやってみる、写してみるタイプ。 女性ですが、興味の方向が男性っぽいらしい。 「ガラスのような心だ」と自分では思ってます(笑) 大阪、神戸を経て横浜市民。 拙い写真ですがコメントいただければ嬉しいです。

検索フォーム

現在の使用機材

*カメラ
[PENTAX]
K-1
Q10
*ist
*レンズ
[TAMRON]
SP AF90mm F2.8 Di MACRO 1:1
SP AF70-200mm F/2.8 Di LD [IF] MACRO (Model A001)
[PENTAX]
D FA 15-30mm F2.8 ED SDM WR
D FA28mm-105mm F3.5-5.6 ED DC WR
[Carl Zeiss(コシナ)]
Makro-Planar T* 2/50 ZK

Counter

Blog People

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。